底辺校からでも進学校の生徒を倒せる勉強法

勉強法や勉強法を紹介する本や勉強以外にも本なども紹介していきます

数学の勉強法 2パターン

僕は青チャート式使っていたのでチャート式以外はわかりませんが、基準は基本事項として章の初めに公式まとめとその公式の解説が載っているもの、例題があり、その下に指針もしくは解放ポイントが載っているものに限ります。

この勉強法は有名なので名前は知っているかもしれませんが、暗記数学(パータン暗記)です。
この暗記数学の勉強法の2パターンを紹介します。

パータン1
①例題を見る
②大問なら5分、小問なら3分考える
③わかった場合→さらに15分かけて例題を解く
④回答を見る→あっていたら○&間違っていたら×&計算間違いは△をつけ、日付を書き次に進む。
⑤考えて分からなかった場合、×と日付を書き込む
⑥例題の下に載っている指針を見る
⑦そして回答を見る
⑧どのように説いているのかを理解する
⑨パータンを暗記していく(この時、丸々暗記するのでは、箇条書きみたいな感じで暗記をしていく①〜 ②〜 ③〜などと暗記していくのも良い)
⑩暗記したらもう一度ノートにやってみる、丸つけ、

パータン2
①例題を見る
②指針を見て、回答を見て理解し、口に出しながら覚えていく(覚え方はパータン1と同じで良い)
③4〜5例題くらいを①②をやったらノートに先にやった4〜5例題をやってみる
④できたら○、できなかったら×、そして日付を書き込む

パータン1、2共通で寝る前に解法を確認する(復習をする)この時、ノートに書くのではなく、見て解くそれだけでいい、できなかったら解答を見て、理解したら終了

パータン1、2に共通していることはやってから1週間後に復習をする(復習をするのは、×と△の問題だけ)
取り組み方
パータン1と同じやり方でやるが日付は書かず前に書いたところに記号を書き込む

パータン2
①回答を紙で隠す
②解法を口に出しながら、やっていく
③できなかったら×をつけ、解法をもう一度暗記し、ノートに書く

*パターン2でやる方は計算力が足りないと困るので適度に計算問題をやってください、またトランプ遊び計算をやるのも良い

なお、このどちらかでやっていく方々のうち青チャートでやる人は特にパータン1でやっていく方で高校1、2年生はコンパスマークの1〜3だけで良い、
パータン2の方々は全てやっていく。